入院前後の通院保障が強みの医療保険

医療保険に入る時に、まず考えるのが、入院や手術についての保障だと思います。
でも、医療保険に入院・手術での保障が付いているのは凄く当たり前の話なんですよね。
今まで健康でやってきた人ほど、病気になったら入院して手術なり投薬なりで治療すると考えがちなんですが、最近はかなり変わってきているんです。
昔は、病気治療=入院だったんですけど、入院せずに出来る治療は、限りなく通院しながら行なれるようになってきてます。
病気や手術の種類によっては、入院は手術を挟んで前後3日なんていう場合も考えられます。
そうなると、検査や術後の経過観察や加療は、全て通院になります。
通院で治療できるだけ医療が進歩して、有難いとも言えるんですが、これだと入院期間だけの医療保険では、カバーしきれなくなってくるんです。
検査や術後の治療を含めて、病気の完治を目指すためには、入院前後の通院にも保障が付けられるアフラックのEVERタイプのような医療保険が、これからの時代の流れに沿っていると言えます。